英語に長けた看護師の需要

出稼ぎ労働者や旅行者などが国外から流入することが増えているのが現代社会であり、医療現場にも日本語があまり達者ではない外国人の姿が見かけられるようになりました。片言の英語であってもある程度のコミュニケーションは取ることができますが、入院するというレベルの病気になっている患者もしばしばいるため、病院では英語ができる看護師の需要が高まってきています。
患者とのコミュニケーションは看護師の職能の一つであり、率先して外国人の話を聞いて適切に応対することができる看護師を重宝している病院も増えているのです。あらゆる病院で需要が高いわけではないものの、将来性を高める上で英語学習によるスキルアップを目指す看護師も多くなっているのが現状だといえるでしょう。

しかし、英会話教室に通うという程度の英語学習では不十分なことが多く、医学英語に長けていることが求められています。海外では自分に対する医療を自分で選ぶというシステムを取っていることがよくあるため、医学英語に長けている外国人が多く見られるようです。円滑なコミュニケーションを取るためには、ネイティブの一般常識レベルほどの医学英語が使いこなせなければなりません。
なかなか英語を学ぶために留学する期間を確保できない看護師が多いため、自学自習することが多くなっているのが現状です。しかし、国際化が進んでいることから将来性を高める方法として高い注目を浴びているといえるでしょう。英語を習得することによって、世界で活躍する看護師になることも夢ではありません。

看護師不足に歯止めをかけるためには。