人口が伸び悩む原因と対策

医療問題として看護師の人口が伸び悩んでいることがよく指摘されるようになりました。医療水準を向上させるためには患者の一人一人に目を向けて個別性の高い医療を実施することが必要であり、その担い手になる看護師の人口を増やすことが重要課題になっています。
この原因も昔から明確になっていて、女性が多いという実情が影響して結婚や出産による退職が多いことが主なものです。そのため、一度退職してしまった潜在看護師を現場に引き戻すための対策が行政からも病院からも行われています。

行政からの対策として典型的なのが復職支援や再就職支援であり、職場の斡旋を行ったり、セミナーや実習などを開催してブランクを埋められるようにしたりするのが一般的です。また、病院でも同様に、復職を考えている潜在看護師へ向けた支援が提供されることもあります。待遇面を改善した上で募集が行われることもあり、勤務条件の緩和を進めている病院が多く見られるようになりました。育児との両立が難しいというのが退職の理由になりやすいため、日勤のみや残業なしといった待遇で常勤雇用する病院も増えているのが現状です。
このような状況があることを知っておくのは看護師にとってメリットであり、働き続けるのが辛いと感じたときにも転職をするという解決策があるでしょう。退職を決めてしまったときにも後から支援を受けて現場に戻れる可能性が十分にあるのです。人口が少ないというのは有資格者にとってはメリットになるといえるでしょう。

看護師不足に歯止めをかけるためには。